AGA治療 子作り 妊娠 副作用

AGA治療の子作りへの影響

AGA治療の子作りへの影響

AGAとは、老年性脱毛にはまだ早い時期であるにも関わらず、額から髪の毛が徐々に後退して行ったり、頭頂部が薄くなってきたり、またこの2つが同時に進行していったりといった、薄毛になっていくのが大きな特徴となります。

 

これら男性型脱毛症には、男性ホルモンが大きくかかわっており、この男性ホルモンのテストステロンが酵素の5αリダクターゼによって、ホルモンが変化してジヒドロテストステロンになって毛母細胞の働きを抑えてしまうタンパク質へと変化することで、栄養が行き届かなくなってしまいます。

 

主な原因としては、男性ホルモンのバランスの崩れ、頭皮の血行不良、不規則な生活習慣や、ストレス、睡眠不足など原因は様々です。
若年層にも関わらずに起こってしまうことで、AGA治療も活発になってきており、最近では様々な有効成分が配合された育毛剤なども多くあります。

 

これらの薄毛治療などに使用される薬に、主な有効成分として配合されているのが、プロペシアや、ミノキシジルです。

プロペシアやミノキシジルには副作用もあり、特に今度結婚などをしたことで、子作りなどに影響がないか心配になる方も多くあると思います。

 

 

プロペシアの副作用について

育毛剤の成分であるプロペシアとは、男性型脱毛症の進行を抑制するAGA治療薬で、服用タイプの錠剤になっています。

 

このプロペシアの成分であるフィナステリドには、5αリダクターゼの働きを抑制し、ジヒドロテストステロンへ変化することを防ぎ、脱毛を抑制すると言われています。

 

AGA治療の子作りへの影響

しかし、プロペシアには、AGA治療に有効ですが、副作用もあります。

主な副作用としては、頭痛、腹痛、胃部不快感などの症状や、性欲減退、精子の数が減少、男性機能の低下などの性機能障害なども多く挙げられています。

 

特にプロペシアには男性機能の低下に関する副作用が多く、これによって子作りが上手くいかなくなってしまう場合があります。

 

 

ミノキシジルの副作用について

ミノキシジルは、血管拡張剤として以前から使用されており、血管を広げて血流を良くすることで、栄養を頭皮までいきわたらせ、毛根まで栄養を届けることで、髪の毛の成長や、発毛促進効果があります。

 

このミノキシジルが配合された育毛剤や、内服がありますが、内服に関しては副作用が多くあるため、日本では認可されていません。

 

主な副作用は、全身のかゆみ、皮膚の紅潮、動悸、にきび、肌荒れ、多毛症、性欲減退です。
特にひどい症状では、意識障害、胸の痛み、低血圧、全身のむくみなどがあります。

 

 

妊婦は絶対に触ってはいけない

これらの成分で、特に注意しなければならないのはプロペシアです。
プロペシアは、女性が服用以外でも、触れることすらも危険な薬品になっています。

 

AGA治療の子作りへの影響

特に妊娠を望んでいる女性は、この成分を触っただけで、皮膚に付着した成分が体内に摂取されてしまうため、取り扱いにも細心の注意が必要となっています。

 

医薬品には、胎児危険度分類という指標があり、この危険度合いは、「X」「A」「B」「C」「D」に分類されています。
このプロペシアは「X」になり、研究によって胎児奇形を発生させるリスクの高いものとされています。

 

女性、未成年の服用は絶対にできないだけでなく、取り扱いにも注意が必要な成分になります。
これがもし妊娠している女性や、産後の授乳がある場合だと、母親を通じて子供に影響が出てしまう場合もある程、女性には危険な成分です。

 

ミノキシジルは、この度合いは「C」になっていますが、いくら「C」でも全く安全とは言い切れず、また奇形児が発生しないと保証されているものでもありません。

 

 

AGA治療最中の子作りは影響があるか

どちらの成分も、AGA治療中には性欲減退の副作用が確認出来ているため、子作り中には不向きになりますが、それ以外でも、男性が使用していることで生まれてくる子供になにかしらの影響がある場合があります。

 

男性だから直接関係がないと思われてしまいがちですが、実は男性が服用していただけでも大きな問題がでてしまう可能性があります。
それは男性が服用しているだけで、精液中に成分が移行してしまう場合があり、一般的に量は微量とは言われていますが、何かあってからでは遅いので、子作り中に服用するには危険が伴います。

 

特に海外製品を個人輸入した場合や、個人輸入品を購入した場合、これらが偽物であったり、正しい商品でない場合もあります。
偽物では、成分表示も正しいものであるか確認することができず、さらに配合されている成分も、通常より多くなっている場合も考えられるので、危険だと言えます。

 

AGA治療の子作りへの影響

医師から処方されているAGA治療薬で、用法や用量を守って服用しているのであれば問題はありませんが、子供に影響が出る可能性は全くないとは言い切れません。

特にプロペシアに不安を感じている場合は、1度担当医に相談してみましょう。
個人的な判断で服用を続けるのは絶対に止めましょう。