ミノキシジルの副作用 体毛が濃くなる多毛症 AGA治療薬

ミノキシジルの副作用で体毛が濃くなる

AGA治療薬として発毛効果が認められているミノキシジルには副作用のリスクがあります。
ミノキシジルの体毛が濃くなる副作用について説明します。

 

 

ミノキシジルとは

ミノキシジルとは、1980年代に製薬会社によって開発されてから、世界初の脱毛症の治療薬として認められた成分になります。

 

もともとは、アメリカで血管拡張剤として、高血圧の治療薬などによく使用されていた成分ですが、使用されていく中で、育毛効果があることがわかり、さらに研究や改良を重ねていき、頭皮などの脱毛症に使用する育毛剤などに使用されているだけでなく、タブレット型となった経口タイプの育毛剤などにも成分が配合されています。

 

ミノキシジル本来の効能としては、血管を広げることで血流を良くして、栄養や酸素を頭皮までいきわたらせることで、毛根に栄養が行き渡り、髪の毛の成長を促したり、発毛促進させることができます。

 

ミノキシジルが配合された育毛剤を直接頭皮に散布したり、内服するタイプがあります。
ですが、内服するミノキシジルは現在の日本の厚生労働省からの認可がないため、個人で輸入するか、医師の治療を受けてから処方してもらうかの方法でしか手に入れることができません。

 

プロペシアトフィナステリドの違い

なぜ効果があると分かっていても、日本で認可されないのには理由があります。

それは副作用が強く出てしまう場合があるからです。

 

ミノキシジルの副作用としては血圧降下作用による低血圧や動悸、全身のかゆみ、にきび、肌荒れ、皮膚の紅潮などが表れてしまう可能性がありますが、今回注目するのは体毛が濃くなる多毛症です。
ミノキシジルは髪の毛だけではなく、体毛までも濃くなってしまうという副作用が出る場合があります。

 

 

どうしてミノキシジルは体毛まで濃くなってしまうのか?

なぜミノキシジルが体毛を濃くしてしまうのかというと、ミノキシジルの血管拡張作用があることが関係しています。

 

上記にもあるように、ミノキシジルは血管を広げることで栄養や酸素が体の末端である頭皮にまでしっかり届くようになり、髪の毛の成長促進につながるのですが、これは頭だけではなく全身にも同じように血管が拡張し血流が良くなることで体毛の発毛も促進されます。
これにより体毛が濃くなってしまうのです。

 

そもそもミノキシジルというのは高血圧をコントロールし血圧を下げるための薬だったのですが、この薬を血圧のために服用していた患者がいつの間にか体毛が濃くなってきたことにより今の育毛剤成分として認められるようになったのです。もし、体毛が濃くなったことに気づかなければ、今でもミノキシジルは血圧を下げるためだけの薬として利用されていたでしょう。

 

 

ミノキシジルの内服薬と外用薬、どちらの方が体毛は濃くなりやすい?

ミノキシジルには内服薬と育毛剤に配合されている外用薬という2種類のタイプがあります。
この中で、より体毛が濃くなりやすいのは内服薬です。

 

プロペシアトフィナステリドの違い

外用薬は育毛剤として頭皮に付けることで頭皮だけに効果を発揮するようになっています。

そのためあまり腕や足などの体毛が濃くなることは考えにくいのです。

 

 

一方内服薬の場合、服用することで頭だけではなく成分は体内の至るところで作用することになり、髪の毛以外の体毛も濃くなってしまいます。
ただ、外用薬でも血管を拡張していることには変わりないので、外用薬のみでも体毛が増える可能性はあります。

 

 

どんな部位の体毛が濃くなりやすい?

ミノキシジルの効果によって、体毛が濃くなっていくという副作用がありますが、全体的に毛が太くなり、濃くなっていく場合と、部分的に濃くなっていく場合があります。
特に、変化として気が付きやすいのは、指や手の甲などの部位が多くなっているようです。

 

足などでは、元から毛も多く生えていたので、変化に気がつきにくくなっていますが、指などにはあまりなかったのに、ミノキシジルを内服したことで毛が太くなっていく場合が多くあります。

服用してから3か月くらいで、徐々に体毛が濃くなっていき、服用を止めることで元に戻っていきます。

 

 

脱毛・除毛の際は肌のケアを忘れずに

あまりにも体毛が濃くなってしまったという場合、脱毛や除毛を考える方もいらっしゃると思います。
しかし、脱毛や除毛を行なう時は注意しなくてはいけないポイントがあります。
それは肌へのダメージを少なくすることが大切だということです。

 

男だからといってただ剃ればいいと思ってはいけません。
カミソリなどで剃る時に肌が傷ついてしまい、次に生えてくる毛が肌の中に埋まってしまうという「埋没毛」が表れたり、今まで毛以外ツルツルだったのに突然デキモノやシミのようなものが出来てしまいます。
これも除毛によるリスクです。
このようなリスクを避けるためには、まず清潔なカミソリを使うことと、除毛後には必ず肌を保湿し、肌のバリア機能を高めるようにしましょう。

 

ミノキシジルの副作用として体毛が濃くなる可能性があります。
しかし、ミノキシジルは発毛効果が世界的にも認められています。
髪の為に少しぐらいは我慢が必要ですね。