プロペシアとフィナステリドの違い AGA治療薬

プロペシアとフィナステリドの違い

プロペシアトフィナステリドの違い

プロペシアとフィナステリドの成分には、育毛や発毛に関する効果があることを知っている人も多くいます。

しかしプロペシアとフィナステリドの違いが、いまいち良く分からないという人も多いかもしれません。

 

プロペシアとフィナステリドは、どんなところが違うのでしょうか?
2つの違いについて説明していきます。

 

 

プロペシアとフィナステリドの違いはここ

AGAの悩みを持っている男性というのは、全国的に考えるととても多いと思われます。
現在は、このAGAの悩みを解決に導く様々な治療法や治療薬が開発されていて、プロペシアはAGAの治療薬として正式に認可されています。

 

そのAGAの悩みに効果があるといわれているのは、プロペシアの主成分でもあるフィナステリドに秘密が隠されているようです。
見た目ではプロペシアとフィナステリドを、見分けることは難しいといわれています。
しかし、プロペシアという製品の主になる成分がフィナステリドだと考えれば、違いを理解することは簡単になります。

プロペシアとフィナステリドの大きな違いはプロペシアは製品で、フィナステリドはそれに含まれている成分という部分です。
なので、当然のようにプロペシアを服用することにより、フィナステリドも同時に摂取しているということになるのです。

フィナステリドは、もともと前立腺肥大の薬として使われていて、副作用として発毛効果が認められたことにより製品化され、プロペシアの薬となりました。

 

 

フィナステリド配合の薬だからといって安心しないこと

プロペシアはフィナステリドを含んでいる最も代表的な製品としても知られています。
プロペシアの他にも、フィナステリドを含む製品はありますが、製品ごとに効果には違いがあり、フィナステリドを含んでいる製品だからといって効果が全て同じということではないようです。
自分にとってどの薬が良いか選ぶ際、 フィナステリドという単語だけで安心してしまわないことが大切です。

 

プロスカートという薬はプロペシアと同じで、前立腺肥大による様々な症状を改善するための治療薬として使われています。
この薬にもフィナステリドが配合されているため、AGAの改善が期待できます。

 

しかし、この薬は日本で認可されておらず、副作用が出てしまう危険性もプロペシアより上回っています。

 

プロペシアトフィナステリドの違い

フィナステリドの配合量は、プロペシアが1mgに対してプロスカートの場合は5mgと、5倍も多くフィナステリドが配合されています。

このため、プロペシアよりも副作用が出やすくなってしまう危険性があり、個人輸入であっても使用しない方が安全であると考えられます。

 

 

個人輸入でプロペシアを使う場合は偽物の場合も

一般的に、プロペシアの薬はAGAの専門病院や皮膚科などで取り扱っていて、診察を受けることで処方してもらえます。
AGAの悩みを持っている人は、病院に行って治療を行うという行為が恥ずかしい、と感じている人もいます。

 

診察を受けないということは、当然ですが処方箋ももらえないため、個人で購入して治療を開始する場合もあります。

プロペシアトフィナステリドの違い


個人輸入業者を利用すれば、比較的安くプロペシアの薬を入手できるため、個人輸入業者から購入している人もいます。

 

しかし個人輸入業者から薬を手に入れる場合、海外ではプロペシアやプロペシアのジェネリックが広く出回っているため、偽物を購入してしまうことも多いのです。

 

偽物とジェネリックが大きく違う点として、偽物の薬の場合は効果が一切保障されていないということです。

いくら安いといっても、効果がないものにお金を出しているのは意味がありませんので、正規の値段でも効果が期待できる薬を処方してもらった方が良いでしょう。

 

 

プロペシアの偽物の見分け方とは?

それでも、インターネットを通して個人輸入業者から薬を購入したいと考えている人も多く、偽物を購入してしまうリスクが高まってしまいます。
個人輸入業者から薬を購入したいという場合は、薬箱の見た目で偽物だと判断しにくいため、サイトの運営会社である情報を調べて購入した方が良いでしょう。

 

サイトの運営会社として連絡先などがきちんと書いてあるサイトでは、偽物を購入してしまうことも少ないでしょう。
しかし、正規の薬品を取り扱っているインターネットのサイトを通してプロペシアの薬を購入すれば、個人輸入業者よりも安心して入手することができます。

 

プロペシアトフィナステリドの違い

インターネットでは、薬に限らず偽物が出回っているということが問題となっています。
このように、個人輸入の場合は偽物が多く出回っているため、AGAの専門病院で薬を処方してもらうことがおすすめといえるでしょう。

 

AGAの専門病院で診察を受け薬を処方してもらえば、偽物を掴まされてしまう心配もなく、効果を実感できるまで使い続ければ発育効果が期待できるようになります。
薬というのは信用性が大切なので、どこから仕入れているか分からない個人輸入業者よりも、病院で処方してもらった方が安全に使用できるでしょう。