AGA治療薬はいつまで飲むのか

AGA治療薬はいつまで飲むのか

 

AGA治療薬はいつまで飲むのか

いざ心を決めて専門病院でAGA治療を始めよう、と決心するまでにはいくつかのハードルがあります。中でも、「AGA治療がいつまで続くのか」は心配の種でしょう。

 

AGA治療薬は、いつまで飲み続けないといけないのでしょうか。そして、薬の量はどうやって調整すべきでしょうか。

 

 

 

AGA治療の集中治療期間はおおよそ半年〜1年ほど

 

個人差はありますが、髪が生え替わる期間、ヘアサイクルはおおよそ3ヶ月ほどと言われています。
特に、AGAが進行するとヘアサイクルがどんどん短縮化され、やがて毛根が死滅します。

 

死滅した毛根を蘇らせることは今のところ不可能と言われています。
毛根が死んでしまっては、AGA治療をしても髪は生えてきません。

 

iPS細胞の研究が進んでいるので、近い将来には技術的に可能になるかもしれません。ただ、たとえ実現しても莫大な費用を請求されるのは間違いありません。
間違いなく言えるのは、どんな病気も治療はすぐに行うべきだということです。

 

特に、AGAは放置していると悪化しても改善はしません。

AGA治療が早ければ早いほど効果を発揮します。

 

しかし、ほとんどの人はAGA治療を始める時期は「明らかにヤバイ」と危機感を覚えるほど脱毛(薄毛)が進んでからでしょう。

ごく初期なら1サイクル(3ヶ月ほど)のAGA治療で効果が実感できる可能性があります。
しかし(ちょっと頭が寂しい)と感じるほど進行すると最低でも2サイクル、6ヶ月はAGA治療を続ける必要があります。

 

 

AGA治療で得られる2つの力

 

AGA(男性型脱毛症)の治療は、プロペシア(またはザガーロ)の作用で脱毛原因の元を断ち、ミノキシジルの力で毛根に活力を与え、育毛を促進します。

 

抜け毛を防ぐ&発毛を促進する
この2つの作用で毛根が本来の力を取り戻します。

AGA治療薬はいつまで飲むのか

 

男性ホルモンの攻撃が止んだ毛根は、徐々に元気を取り戻して発毛します。しかし、病み上がりの毛根は産毛のような弱々しい毛を生やすのが精一杯。
治療を続けていくうちに、徐々に本来の太さの髪を生やすことができます。

 

 

AGA治療の止めどきは、「自分が治療に満足した」時です。
以前と同じだけの髪を取り戻せば、それで満足できるはずです。

 

AGA治療をいつまで続けるかは、髪が生えて薄毛を克服したと本人が満足するまでです。

 

しかし、自分の髪を客観的に見るのは意外と難しいのも事実。

 

客観的に判断するには、第三者の意見が最適です。もちろん家族や友人の意見も参考になるでしょう。
しかし、プロの意見が最も客観的で、参考になります。

 

多くのAGA治療クリニックでは治療前の頭髪と、治療経過の頭髪の写真を撮影し、具体的に数値化します。数字で出されると納得しやすく、治療の終了時期も見定めやすくなります。

 

 

AGA治療をいつまで続けるのか AGA治療のゴールを決める

 

AGA治療薬はいつまで飲むのか

整形を繰り返してしまう方がいますが、整形のゴールを定めず、依存してしまうとこのような事になりかねません。
AGA治療も、治療する前からいつまで続けるのか「自分なりのゴール」を見定めておくことが大事です。

 

しかし、AGA治療はマラソンのゴールのようにテープが張っているわけでもなければ、合格証書が届くわけでもありません。

 

ただ髪を取り戻すだけでなく、「ここがゴールですよ」とゴールテープを張ってくれるのが、客観的に数値化できる医師の役目です。

 

一見すると効果が出ているのか不安な時も、数値化すると意外と効果が出ていることも多々あります。頭髪の数値化は治療中のモチベーションを上げるにも役立ちます。

 

 

 

AGA治療を止める時は、薬は徐々に減らしていく

 

元通りの髪を取り戻しても、いきなり薬を止めると再発しかねません。治療の成果は薬の力を借りているため、いきなり手放すのはとても危険です。
薬は様子を見ながら徐々に減らしていくのが理想です。

 

特に、育毛効果のあるミノキシジルは、十分な量の髪が生えれば卒業しやすい薬です。落ち着いた頃合いで薬を止める、または減らしていくのが理想です。

AGA治療薬はいつまで飲むのか

 

AGA治療は「集中治療期」と「維持期」があります。集中治療中は適切な量の薬を投与し、発毛を促します。
十分に発毛したら、「維持期」に入ります。維持期では必要最低限の薬だけを使い、現状維持に努めます。

 

どんな病気もそうですが、AGA治療は維持期こそ大事です。AGAの原因が男性ホルモンという、自分自身から生み出すものである以上、AGAの引き金は常に体内にあります。

 

「完治」というよりも、難病の治療で使われる「寛解」(症状が治まって穏やかになること)のほうが正しいかもしれません。
できるだけ「寛解」の状態が続くように調薬するのが、AGA治療の役目です。

 

 

 

しかし、個人の判断で行うのは難しいのも事実。
AGA治療に使う薬は投薬量が減ると、全く効果がなくなることがあります。徐々に作用が緩くなるなら良いのですが、効果がゼロになったら意味がありません。

そのため、薬を減らすにはプロの医師の指示が不可欠です。AGA治療は少々金額が高くても、専門クリニックで治療し続けることが一番安全で確実です。

 

完全に薬を止めるか、必要最低限の薬だけ使うかはご自身の選択になります。
副作用を恐れて薬を完全に止める方もいれば、徐々に薬を減らしつつ、必要最低限の薬は服用し続ける方もいます。

 

AGA治療薬はいつまで飲むのか

自分自身の中であらかじめゴールを定め、それに向かって治療しましょう。そのゴールは治療成果だけでなく、おおまかな予算や期間なども含みます。
そのゴールに向かって的確な指示を出すコーチが医師です。できるだけ腕が良く、信頼できるクリニックで治療を受けるのが一番です。

 

AGA治療・薄毛治療 病院ランキング

おすすめのAGA病院ランキングAGAヘアクリニック
AGAヘアクリニック
  • AGA治療法:投薬治療
  • 治療費:月単位は最安値!さらに診察料も無料
  • 特徴:スマートフォンでのTV電話診察で地域関係なく治療が可能。さらにAGA治療薬は郵送も対応してくれる
元大手AGAクリニック勤務の院長は、AGA治療の経験は十分な上、徹底した患者本意が魅力です。  

AGAヘアクリニック

おすすめのAGA病院ランキングAGAスキンクリニック
おすすめのAGA病院ランキング
  • AGA治療法:投薬治療、メソセラピー
  • 治療費:一括仕入れによるコストダウンを実現。定期的にお得なキャンペーンも開催
  • 特徴:全国に49院ある(提携含む)
院長自身がAGA治療の経験者であり、飲み薬・塗り薬・メソセラピーと多様なAGA治療法を低価格で提供。  

AGAスキンクリニック

おすすめのAGA病院ランキングアゲインメディカルクリニック
おすすめのAGA病院ランキング
  • AGA治療法:投薬治療、メソセラピー
  • 治療費:髪が生えなかったら全額返金保証あり
  • 特徴:20代・30代専門のAGA治療クリニック
若年層を対象落としたクリニックで、97%の発毛実績を誇ります。分割払いにも対応しているので無理なくAGA治療が可能です。  

アゲインメディカルクリニック