ミノキシジルのリバウンド AGA・薄毛治療 病院ランキング

ミノキシジルのリバウンド

 

ミノキシジルのリバウンド

AGA治療は、主に2種類の薬を使います。
一つ目は男性ホルモンに作用するプロペシア(又はザガーロ)。攻撃を抑える防衛役です。
二つ目は発毛を促進するミノキシジル。毛根に作用し積極的に育毛を促す、攻める薬です。

 

AGA治療を続ける間は、基本的にはプロペシア又はザガーロは処方し続ける必要があります。AGA治療で髪が回復しても、薬で抑えているから髪が維持できています。
プロペシアやザガーロの服用を止めると、今まで抑えていた男性ホルモンが復活、再び毛根に攻撃し始めてしまいます。
それでは、ミノキシジルも服用し続けなければならないのでしょうか?

 

 

 

安易なミノキシジルの服用中断は御法度

 

ミノキシジルは育毛を促進する働きがあります。男性ホルモンのダメージを受けて弱った毛母細胞に働きかけ、再び発毛を促す作用があります。
いわば、骨折を支えるギプスのような役目を果たします。
それなら骨折が治ったらギプスを外すように、AGA発症前と同じくらいの質と量の髪が復活すれば、ミノキシジルの役目も終わったと感じるかもしれません。

 

ミノキシジルのリバウンド

しかし、安易な断薬は危険です。
せっかく復活した髪が再び弱り、AGAが悪化するおそれがあります。

攻めと守りの二人三脚でAGAが改善したのに、攻めを失うと髪が細くなってしまう可能性があります。

 

ミノキシジルの育毛効果はめざましく、全身の体毛が濃くなるほどです。
これを止めると体毛は徐々に薄くなっていきますが、同時に頭髪も薄くなっていきます。

 

プロペシアやザガーロを服用している間は、大規模な脱毛まで進むことは考えにくいでしょう。しかし、髪はただ多ければ良いものではありません。
うまくミノキシジルを調整しなければ髪の質が悪くなり、ヒョロヒョロに細くなり、コシがなくなります。

 

たとえ髪の本数が同じでも、しっかりした髪質とひょろひょろの髪質ではボリュームは雲泥の差。外見や印象が大きく変わってしまいます。

 

今まで化学肥料をたっぷり与えて育った植物が、いきなり水だけで栽培するようなもの、と言えば実感しやすいかもしれません。ミノキシジルは髪の成長因子にも作用するという説もあり、肥料の役目も果たしていると考えられます。

これがAGA治療の難しさで、「髪が生えたから、ミノキシジルの役目はおしまい」と勝手に止めると、残念な結果を引き起こしかねません。

 

 

 

薬の調整は素人判断では難しい

 

ミノキシジルのリバウンド

AGA治療に限らずどんな病気もですが、素人判断で薬を止めるのは危険です。
風邪の治療でも、たとえ症状が治まっても医師が渡した薬を飲み切ることが基本です。
表向きの症状が治まっても菌が体内にいる間は危険で、風邪をぶり返したり他人に感染させるおそれがあるからです。

 

AGAは細菌やウイルスが原因ではないので感染こそしませんが、治療は外敵を追い出せば済む風邪よりも厄介です。
AGAの原因、男性ホルモンは脱毛を起こしますが、元気の源でもあり、男性らしさを形作る上で欠かせない重要な存在です。この男性ホルモンを薬でコントロールし、発毛を促すのがAGA治療の基本。

 

薬の種類は少なく、量もおおよそ均一です。そのため一見すると簡単な治療ですが、調薬に失敗すると危険な面もあります。
副作用のリスクもあり、せっかく生えた髪が台無しになるおそれもあります。

 

 

 

AGA治療は医師のアドバイスが有効

 

AGA治療は3種類の方法があります。
AGA専門の病院で自費治療を行う、皮膚科で保険適用+一部自費で治療を行う、海外から薬を輸入して服用する、の3種類です。

 

一般的な皮膚科では円形脱毛症など、AGA以外の脱毛治療を行います。
美容を損ねるだけのAGA治療は保険適用されませんが、それ以外の脱毛症は病気と見なされ、保険適用範囲で治療が行えます。

 

中にはAGAだと思ったら別の原因の脱毛症だった、という例もあります。中にはAGA治療も行える皮膚科もあり、一部自費で治療することもできます。

 

しかし、あくまで皮膚科であり、AGA治療に特化しているわけではありません。治療内容がひと昔前のものだったり、ケアがイマイチという問題はあります。

 

 

海外から個人輸入で薬を購入するのは、大きなリスクがあります。偽薬が横行している海外から安易に買い求めるのは危険です。

 

最近は信用できる代理店もあるので、そのような代理店で依頼すれば偽薬を掴まされるリスクは下がります。
しかし、副作用が起きてもすべて自己責任。最も危険で、リスクが高い方法です。

 

 

AGA専門病院は高額です。しかし、その額に見合ったケアと安心があります。カウンセリングも充実し、精神面のケアも受けられます。
調薬も、症例数が多い専門病院なら安心です。

 

ミノキシジルのリバウンド

 

ミノキシジルも薬なので、むやみやたらと投薬すると副作用のリスクが上がります。
それをできるだけ防ぐためにも、プロの指導が期待できる専門病院での治療をお勧めします。

 

 

ミノキシジルは急に止めると問題を起こしやすく、濃度を下げたり服用回数を減らすなど、ゆっくり減らしていく調薬が必要です。素人判断では難しく、アドバイスが欲しいところ。
AGA治療は、医師のアドバイスが最も有効です。