プロペシア 育毛効果・発毛効果

AGA治療薬として使われるプロペシア

プロペシアの育毛効果・発毛効果

プロペシアとは、フィナステリドを主成分としたAGAの治療薬です。

AGAの治療に効果的だといわれているのは、フィナステリドという成分が5αリダクターゼの抑制に働きかけることで薄毛対策になるからです。
プロペシアはもともと薄毛対策の薬としてではなく、前立腺肥大症や前立腺癌の治療薬として開発されましたが、抜け毛や薄毛を防ぐ効果がみつかり、AGA治療薬として使われています。

 

 

プロペシアの育毛・発毛効果とは?

プロペシアは、抜け毛や薄げを防ぐのを目的とした飲み薬として使われています。
通常、AGAは男性ホルモンが原因で髪のサイクルが乱れ、まだ抜ける段階でない髪に誤って抜け毛にしてしまうことで薄毛になります。

プロペシアはその男性ホルモンの生成を抑制して抜け毛や薄毛を防ぐことができます。

 

AGAに効果がある育毛剤として良く知られているプロペシアは、もともと前立腺肥大症の治療薬として使用されていましたが、服用した患者を経過観察していた結果、毛が生えてきたという現象の報告がありました。
この症例があったことで育毛剤としても効果が期待できるとされ、研究や開発が進んでいきAGAの治療薬として使われるようになっていきました。

 

プロペシアの育毛効果・発毛効果

プロペシアの薬は髪を生えさせるための薬ではないため、発毛効果は期待できません。

しかし、抜け毛が酷くなってしまったり、髪が薄毛になったとしても、頭皮にはか細いですが毛根が残っている状態がほとんどです。
毛根が残っている場合は抜け毛が減り、その毛根から元気な髪の毛が生えてくるようになります。
髪が太い毛になることで丈夫になり、髪が抜けにくく毛根もやせ細ることが少なくなっていく効果が期待できる薬なのです。

 

 

なぜプロペシアがAGAに効果があるのか?

プロペシアは日本で認可されている薬となっているため、臨床試験のデータもきちんとしたものがあります。
その臨床試験のデータでも、プロペシアはAGAの治療に効果があることが分かっています。

 

AGAの原因は、男性ホルモンであるDHTが変換されることによって発症するといわれています。
よって、この男性ホルモンであるDHTを生み出してしまう、5αリダクターゼを抑制することができれば、AGAを回避できるということになります。

プロペシアは5αリダクターゼの抑制に効果はあることが分かっています。
臨床結果からもプロペシアはAGAにによる抜け毛を防ぐことができるということです。

 

 

臨床試験のデータではどんなことが分かったの?

臨床試験のデータでは、プロペシアを1年間使用してどれだけの効果が出たのかということを実験しています。
プロペシア1mgまたは0.2mgを摂取し続けた効果、プロペシアでの薄毛改善率は1mgで58%となっていて、0.2mgでも54%改善されたというデータが取れています。
また、3年間にわたってプロペシアを使用し続けた場合、どのように薄毛が変化していったのかというデータもあります。

 

プロペシアの育毛効果・発毛効果

プロペシア1mgを1日1回1錠を摂取し続け、患者さんの頭皮の薄毛を経過観察していくと、患者さんの約98%が、3年間の間でAGAの進行が認められなかったそうです。つまりAGAによる薄毛が進まなかった、防ぐことができたということです。

 

このデータ結果を見ても分かるように、AGAの改善や今の状態を維持する目的で長期間使用し続ける場合であれば、プロペシアは高い効果を発揮してくれます。

 

発毛効果を期待するというよりは、薄毛の進行防止に役立つ薬として認識をした方が良いかもしれません。
ちなみに、プロペシアが対応できる薄毛は男性型脱毛症いわゆるAGAのみであり、女性の脱毛症には効果は認められていません。

 

 

実際にプロペシアを使用したことがある人の意見は?

実際にプロペシアを使用したことがある人は、男性の成人の場合1日1回1錠を服用する必要があるのですが、1日1錠では効果を感じられなかったという人もいます。
AGA専門の病院で診察してもらい、医師の判断によっては薬の量を増量することもありますが、それでも1日5錠までとなっています。

 

食事のタイミングに関係なく摂取が可能なため飲み忘れなどの心配もなく、毎日続けることができたと感じている人が多くいます。
実際プロペシアを使って薄毛改善を行った人は、たったの1ヶ月で見た目的に改善したことが実感できた、と話している人もいます。

 

プロペシアの効果が目に見えて出てくるのは、平均的に考えても6ヶ月目以降だといわれています。
使用し始めてから、たったの1ヶ月で理想の毛量を獲得できるのは非常に稀なことです。
しかし、1ヶ月前後くらいから産毛が生え始めることはありますので、そこから効果が早い人であれば育毛効果を感じることもできるでしょう。

 

プロペシアを使用して抜け毛や薄毛の改善を行っていく場合は、副作用のリスクも考えて行うようにしましょう。
プロペシアを使用したことで副作用が出ることは稀のようですが、どのような副作用が出るのかを、あらかじめ確認しておく必要がありそうです。

一番安全なのは医師の診察を受け、このプロペシアを使用するのが適切であると考えられます。
最初から薬を多く摂取してしまうと副作用が出てしまうことも考えられますので、最初は少量から始めていき、効果を感じられない場合は量を少しずつ増やしていくようにしましょう。