ミノキシジルの副作用 体毛が濃くなる(多毛症) AGA病院ランキング

ミノキシジルを飲むと体毛が濃くなる

 

ミノキシジルを飲むと体毛が濃くなる

ミノキシジルは世界初の「育毛剤」。今まで民間療法のレベルを越えられなかった「育毛」を西洋医学で実践できた、画期的な薬です。
ミノキシジルのおかげでAGAを克服した方はたくさんいます。しかし薬なので、効果もあれば副作用もあります。

 

ミノキシジルの副作用とは、どのようなものでしょうか。

 

 

 

降圧剤(高血圧改善薬)として生まれたミノキシジル

 

ミノキシジルは、もとは高血圧を改善するために認可された薬です。
高血圧とは、様々な理由で血管が収縮して起こります。血管が細くなると血管中の圧力が上がり、高血圧になります。

 

この高血圧を治すには血管を緩めて血流を改善すれば良い・・・それで生まれたのが血管拡張作用があるミノキシジルです。

 

ミノキシジルは体内に入ると、平滑筋という筋肉を刺激します。
平滑筋は内臓や血管の筋肉で、意志と関係なく動く筋肉です。

 

刺激されることで平滑筋が適度にゆるみ、血管が連動してゆるみます。
ゆるんだ血管が広がると血流が増えます。血流が増えると血圧が下がるので、高血圧が改善します。

 

ミノキシジルを飲むと体毛が濃くなる

ところが、ミノキシジルを服用した人たちから「体毛が濃くなった」という報告が多数寄せられました。
今まで見たことがない場所から毛が生えた、すね毛が濃くなった、ひげやまつげが太くなった等々…

 

予想外の副作用ですが、もしかするとAGAで寂しくなった髪も改善するのでは?という経緯で、育毛剤の転用が始まりました。
結果、多くのAGAに悩む方々の髪を取り戻しています。

 

 

 

なぜ多毛症になるのか?

 

ミノキシジルを飲むと体毛が濃くなる

なぜミノキシジルは多毛症を引き起こすのでしょうか。
正確な理由は不明ですが、血流が上がり、毛母細胞にも血流がしっかりと行き渡り、十分な酸素と栄養が届けられるからと言われています。

 

しかし、血流改善をする作用のある成分はアルギニンなど他にもいくつもあります。何故ミノキシジルだけに育毛作用があるのでしょうか。

 

まだ仮説の域を出ませんが、ミノキシジルはただ血管を広げるだけではなく、体毛の成長を誘発する因子を刺激するのではないかという意見もあります。
成長因子とは、細胞分裂を促すタンパク質のことで、細胞の成長や再生に必要なものです。

 

成長因子には様々な種類がありますが、その中でも毛髪に関わる因子がいくつかあります。
しかし、人間の体にとっては、髪もまつげもすね毛も同じ体毛です。体内の至るところの毛母細胞が分裂して毛になり、伸びていきます。

 

いつかは毛髪だけに作用する育毛剤が開発されるかもしれません。しかしミノキシジルは残念ながら、体じゅうのどこの毛も太く強く伸ばしてしまいます。
AGAで失った毛髪を取り戻したいなら、体毛が濃くなることは覚悟の上で使うしかないでしょう。

 

 

 

ミノタブのほうが作用が強い?!

 

ミノキシジルは2つの薬があります。
リアップなど塗り薬と、ミノタブ(ミノキシジルタブレットの略)と呼ばれる飲む薬です。

 

薬は体内(肝臓)で分解されて、初めて作用します。この肝臓に行くまでには塗り薬よりも、飲み薬のほうが早く強く作用します。しかし、作用が強いということは、副作用のリスクも上がるということです。

 

塗り薬は皮膚から吸収され、血液に乗って肝臓に届きます。
皮膚からの吸収率はあまり高くなく、飲み薬に比べて穏やかに作用します。

 

飲み薬は胃で分解され、腸から吸収されます。
腸は栄養や水分などを吸収するのに適した作りで、薬の成分も効率的に吸収します。

 

そのため、肝臓にたどり着く薬の量も多く、塗り薬よりも効率的に強く作用します。
作用が強いということは副作用も強くなるおそれがあります。

 

塗り薬なら、せいぜい眉毛やまつげが伸びる程度で済む傾向があります。
しかし、飲み薬は全身に多毛症が発生するリスクが上がります。

 

ミノキシジルを飲むと体毛が濃くなる

 

どの程度まで多毛症が進むのかは、個人差があります。
しかし体毛が薄い方のほうが、より副作用を実感しやすい傾向はあります。

 

元から体毛が濃い方なら、あまり気にならないという声も。どの程度まで多毛が出るかは服用しなければ分かりません。
どうしても多毛が耐えられない時はミノキシジルの服用を止めるしかありません。
止めれば徐々に体毛も薄くなります。

 

 

 

ミノキシジルのリスクとメリットを見極めよう

 

AGA治療も医療行為です。どうしても副作用のリスクはあります。
体毛が濃くなるのは気になりますが、体毛が濃くなるなら、髪も太く濃くなります。

 

虎穴に入らずんば虎子を得ず、という言葉があるとおり、ある程度の副作用は覚悟の上で治療を始めましょう。

 

体毛が濃くなることが気になるか、頭髪が寂しくなることが気になるか、どちらがマシかを選ぶしかありません。

 

ミノキシジルを飲むと体毛が濃くなる

しかし、リスクをできるだけ抑える方法はあります。
AGA治療を初めて、ある程度の期間は飲み薬、髪が生えそろったら塗り薬に変更するなど、調薬することで副作用を最小限に止めることはできます。

 

これらの調薬は、AGA治療の病院なら気軽に相談できます。気になることは遠慮なく、どんどん医師に相談しましょう。
プロに相談しながら、安全に治療できることもAGA専門病院で治療するメリットの一つです。