育毛剤とAGA治療薬の違い AGA・薄毛治療 病院ランキング

育毛剤とAGA治療薬の違い

 

育毛剤とAGA治療薬の違い

薄毛になってしまった時、あなたはどちらの効果を得ようと考えますか?
一般的に薄毛の治療でよく耳にするのは育毛剤やプロペシア、ミノキシジルなどの内服薬ではないでしょうか?
しかし、育毛剤とAGA治療薬として使われている内服薬には大きな違いがあるので、どちらで治療を行っていくか見極める必要があります。

 

 

 

育毛剤とAGA治療薬を使った効果の違い!?

 

薄毛治療をしている人は、育毛剤とAGA治療薬に違いがあることをご存知ですか?
そもそもAGAに効果的な育毛剤には血行を促進させる効果があり、髪に必要な栄養を毛根に届けることが出来ます。
今まで抜け毛が酷かった人でもミノキシジルの成分が入った育毛剤を使用することで、太く強い髪の毛を作り上げることが出来るようになります。

 

AGA治療薬で一般的なのはプロペシアとミノキシジルの内服薬です。
今はこれらの内服薬は、薬局やドラッグストアなどで購入することはできません。
プロペシアは医師の処方のみの販売となっているため、病院でしか手に入れられないようになっています。

 

育毛剤とAGA治療薬の違い

プロペシアの効果は体内の男性ホルモンを抑える効果があることで、抜け毛を減らす効果があると言われています。
AGAで悩んでいる男性が多いため、プロペシアの効果は男性のAGA治療に最も効果が高い薬として知られています。

 

 

育毛剤とAGA治療薬の大きな違いは外用薬か内服薬という違いになります。
ミノキシジルは育毛剤として頭皮に使うよりも、内服薬として体内に摂取した方が効果を感じられます。

 

頭皮に直接塗るタイプの育毛剤の方が効果を感じやすいと思われがちですが、ミノキシジルは外部から成分を摂取するのが難しいので、AGA治療薬としては内服薬で摂取した方が効果を感じられます。

このように違いが分かったところで、それぞれのメリットデメリットについてみていきましょう。

 

 

 

育毛剤のメリットとデメリット

 

ミノキシジルを使用している育毛剤はことで、血管を拡張させ髪の毛を元気にすることが出来ます。
また、抜け毛を防ぐ効果もあるため薄毛が目立つ人に効果的な治療が出来ます。
やせ細った髪の毛も太く元気にして、ハリがある健康的な髪に導いてくれるというメリットがあります。

育毛剤とAGA治療薬の違い

 

しかし、育毛剤のデメリットには即効性がないというのが問題です。
効果が出始めるまでに長い時間がかかってしまい、初期症状として一時の間は髪が抜けるという症状があらわれます。

 

 

 

AGA治療薬で薄毛の治療を行っていくメリット・デメリットとは?

 

特にAGA治療薬として認められているプロペシアは、1年間服用し続けたことにより58%の人に効果が表れるというデータが取れています。
さらに2年間の服用で68%の人に効果が表れ、3年間の服用では78%の人に効果が表れ改善に向かったと言われています。
効果が高いのは研究結果でも認められていることなので、使用し続ければ効果を感じられるようになっていきます。

 

また、AGA治療に使われるミノキシジルの内服薬の大きなメリットは、プロペシアと併用してAGAの治療をしていくことができることです。
プロペシアだけでは発毛効果を実感できませんが、ミノキシジルと併用することでどちらの効果も期待できるようになります。

 

科学的に効果が認められているAGA治療薬のプロペシアやミノキシジルであっても、メリットの他にデメリットもあります。
プロペシアは抜け毛を抑える薬として使われるので、発毛や毛根再生の目的で使用しても効果を感じられないというデメリットがあります。
よって、プロペシアを使って治療をしてもAGAの進行を遅らせるだけで、髪を再生させる効果はありません。

 

プロペシアには発毛効果はないのですが、ヘアサイクルを整えたり、今生えている髪の毛根を太くすることは出来ます。
これらの効果を利用しながら、AGAの進行を遅らせるために使用した方がいいのではないかと考えられます。

 

育毛剤とAGA治療薬の違い

さらに、ミノキシジルは顔のむくみや体毛が濃くなるというデメリットがあります。
ミノキシジルを服用したことにより、顔のむくみやはり感を感じてしまいます。
むくみが出て来てしまった場合は薬を中止する必要があるので、思ったようにAGA治療ができなくなってしまうことも考えられます。

 

また、発毛を促進する薬なので頭皮の髪の毛だけでなく、背中や脚など体全体の毛が濃くなってしまいます。
どの部分がどのくらい濃くなるのかまでは分かりませんが、体毛が濃くなってしまうデメリットもあるので注意しましょう。
体毛が濃くなっても気にしないと言う人であれば、ミノキシジルの治療薬を使ってAGAを治していくのもいいと思います。

 

 

このように育毛剤とAGA治療薬では効果やメリット、デメリットに違いがあります。
育毛剤だけでは成分が行き届きにくいので、効果をあまり感じられないこともあります。

 

育毛剤とプロペシアを併用して治療を行っていくことも効果的なのですが、まずは1つ1つが自分の頭皮に合っているかを確認することが大切になります。
発毛や育毛効果を同時に得ることで、AGA治療により効果的になります。