ザガーロの副作用 AGA・薄毛治療 病院ランキング

ザガーロの副作用

 

ザガーロの副作用

薄毛の治療を内服薬で行う場合は、プロペシアを思い浮かべる人が多いのではないかと思います。
最近では、プロペシア以外にもザガーロという内服薬が、薄毛に効果的であることが分かってきました。
しかし、ザガーロには副作用が出てしまう可能性もあるといわれています。

 

 

 

ザガーロを服用することで出てしまう副作用とは?

 

ザガーロは、薄毛治療で使われているプロペシアよりも高い効果が期待できるといわれていて、ザガーロに対する期待が高まっています。
プロペシアの内服薬でさえも副作用を感じてしまうことがあり、それよりも効果が高いということでザガーロを服用した際にも、副作用が出てしまうこともあると考えられています。
副作用は健康を害してしまうものから軽度のものまで様々ですが、薄毛を改善させるために健康を害してしまっては元も子もありません。

 

ザガーロの副作用

プロペシアの副作用としてはリビドーと呼ばれる性欲が減少してしまうこと、勃起不全になってしまうことがあります。
それに比べてザガーロの副作用では、勃起不全やリビドー、精液量の減少や胃腸障害、乳房腫大や頭痛などの症状が見られることもあるようです。

 

もちろん、ザガーロを服用した患者さんすべての人に副作用が出たということではありません。
ザガーロの効果は高いのですが、これらの副作用が出てしまう可能性も捨てきれません。

 

 

 

ザガーロを服用した際に副作用が出てしまう確率はどのくらい?

 

海外と日本でザガーロを服用した際に副作用が出てしまう確率は、557件中95件の割合で副作用を感じてしまうということが分かっています。
海外と日本で調べた試験を割合でいうと、ザガーロを服用して17.1%の確率で副作用を感じてしまうことがあるのです。

 

さらに、国内だけでもザガーロの試験は行われ、約1年にわたって検証しました。
その結果は120件中20件の副作用が認められ、日本だけの検証結果では16.7%の確率で副作用が出てしまうということでした。
ちなみに、プロペシアで副作用が出てしまう割合は276件中11件で、4.0%の確率で副作用が出てしまいます。

このザガーロとプロペシアの確率を比べてみても、ザガーロの方が副作用が出やすくなることが分かると思います。
ザガーロは、このように副作用が出やすいため、最終手段として考えた方が良いでしょう。

 

 

 

ザガーロを服用し始めると初期脱毛が起こり髪の毛が抜けることもある!?

ザガーロの副作用

 

ザガーロは抜け毛防止のために飲む内服薬ですが、このザガーロを飲むことによって初期脱毛が起こります。
初期脱毛が起こることを知らない場合は、内服薬を飲んでいるのに抜け毛が酷いと感じ、不安に思ってしまうこともあるでしょう。
初期脱毛が始まったことにより、内服薬に効果がないと思い込んでザガーロの服用を止めてしまう人も少なくありません。

 

ザガーロを服用したことによる初期脱毛は、乱れたヘアサイクルを正常に戻すためのものですので、抜け毛が増えたからといって不安に感じる必要はありません。

初期脱毛は十分に育っていない毛が抜けて、元気な髪を生えさせるために必要ですので、心配しすぎないことも大切です。
初期脱毛の特徴として、抜け毛をよく確認してみると髪の毛が弱っていたり、毛根が細くなっていますので初期脱毛が起こっても安心できると思います。

 

 

 

ザガーロの初期脱毛はいつまで続くの?

 

ザガーロの初期脱毛はずっと続くわけではなく、ある一定の期間を超えると初期脱毛がなくなってきます。
ある一定の期間というのは、ヘアサイクルが正常に戻ることを意味していて、人によって異なる場合もあります。

 

ザガーロの副作用

初期脱毛は大体3ヶ月程度で落ち着いてくるという人が多く、かなり長期的に初期脱毛が続く人は少ないようです。

 

あらかじめザガーロを服用したことで初期脱毛が起こることを知っていれば、抜け毛が酷くなったとしても特に不安に感じることはないでしょう。
ザガーロを服用する際は、十分に副作用や初期脱毛が起こることを想定して、内服薬を使用する必要があるのではないかと考えられます。

 

 

 

ザガーロで初期脱毛が起こった時の対処法は?

 

ザガーロの副作用

ザガーロを服用した際に初期脱毛が起こってしまった場合は、頭皮にあまり刺激を与えないようにすることが大切です。
シャンプーをする時は無意識のうちに力を入れてしまったり、頭皮をゴシゴシ洗ってしまうことも多くあります。
力を入れてシャンプーをしていると、髪を引っ張って抜こうとしていることとあまり変わりませんので、髪が抜けやすくなる原因となります。

 

初期脱毛で髪が抜けやすい状態になっている時は優しく洗うようにして、頭皮をマッサージするような感じで髪を洗うのがオススメです。
さらに、睡眠をしっかり取ることで髪の成長を促進してあげると、ヘアサイクルが整っていくと考えられます。

 

このようにザガーロで副作用と感じられる初期脱毛が始まってしまった時は、抜け毛が酷くてヘアスタイルが気になってしまうこともあります。
ですので、帽子などで隠して初期脱毛を周りの人に感じさせないようにするのも良いでしょう。

 

ザガーロで薄毛の対策を行う場合は副作用を感じることがありますので、個人輸入ではなくAGA専門医に、きちんと説明を受けて処方してもらうようにしましょう。