ザガーロとプロペシアの違い AGA・薄毛治療 病院ランキング

ザガーロとプロペシアの違い

ザガーロとプロペシアの違い

 

ザガローは薄毛の治療に効果的だといわれていて、2016年から販売され始めた新しい薬です。
薄毛の中でもAGA治療にもっとも効果的だと考えられ、その効果はプロペシアを上回るのではないかといわれています。
ザガローがAGAの治療薬で効果がある理由について知っておきましょう。

 

 

 

今までのAGA治療薬といえばプロペシアしかなかった。

 

今までのAGA治療薬といえば、プロペシアで経過観測をしながら、効果が現れるのを待つ治療が行われるのが一般的でした。
そのため、AGAの治療薬であればプロペシアを使えば良いと考える人が多くなっていき、プロペシアの認知度はとても有名になっていきました。

ザガーロとプロペシアの違い

 

プロペシアにはフィナステリドという成分が入っていて、男性ホルモンの働きを抑制することによって、AGA治療薬として使われるようになります。
そこに2015年になり、ついにプロペシアの2番目に厚生労働省で認可されたザガローが現れ、AGA治療に効果的な薬として販売されるようになりました。

 

ザガローはアボルブという名前で前立腺肥大を抑える薬として使われてきましたが、今回は前立腺肥大ではなく新たに薄毛対策の薬として認可されています。
新たな薬が増えたことによって、患者さんとしても治療の選択ができるようになりますが、実際にはプロペシアとザガローどちらで治療を行っていけば良いのでしょうか?

 

 

 

プロペシアとザガローの大きな違いとは?

ザガーロとプロペシアの違い

 

そもそも薄毛に悩んでいた人というのは、プロぺシアに頼って治療をしていたのではないかと考えられます。
しかし、新薬が出てきたことでどちらの薬を使って治療をした方が良いのか、迷うことも多くなっていくでしょう。

 

プロペシアとザガローでは、そもそも有効成分の含まれている量が異なります。

 

プロペシアの薬に含まれている有効成分の量は、0.2mgと1.0mgの2種類で副作用を感じてしまうこともあります。
ザガローは有効成分が含まれている量が0.1mgと0.5mgの2種類ですので、プロペシアの有効成分の半分となります。

 

従って、患者の経過観測をしながら頭皮の状態を確認し、患者にもっとも適切な有効成分の量で治療ができるようになったということでもあります。

 

さらに、有効成分の量が半分になることで副作用が出てしまう心配も少なくなり、患者によってはプロペシアでAGAの治療を行っていくよりも、ザガローで治療した方が良いかもしれません。

 

 

 

副作用が出てしまうのはプロペシアもザガローも同じ?

 

AGAの治療薬として使われているプロペシアもザガローも、副作用が出てしまうのはどちらも同じです。
副作用としてはプロペシアが勃起不全やリビドーだけになっているのに対し、ザガローの場合はこれらに加えて射精障害も出てきます。

 

しかし、そもそも有効成分が含まれている量に違いがありますので、プロペシアよりもザガローの方が副作用を感じることが少ないのではないかという意見もあります。

ザガーロとプロペシアの違い

 

プロペシアもザガローもクリニックや病院で処方してもらうため、医師が経過を確認しながら治療をしていく形となります。
大体の場合、プロペシアで効果が見られない場合にザガローで効果を感じられるか観察していきますので、最初からザガローで治療を行っていくことは少ないのではないでしょうか?

 

もともと薄毛の治療をしていた人で、プロペシアで効果が見られないと感じたときは、高い効果が期待できるザガローを処方することもあります。
どちらで治療を行っていくかは、医師の診断に委ねた方が良いのではないかと考えられます。

 

 

プロペシアとザガローは形状にも違いがある!?

 

今まではAGA治療薬としてプロペシアしかなかったということもあり、フィルムコーティングされた薬を飲んでいたという人も多いです。
しかし、フィルムコーティングは妊婦や子供が触らないように、注意しなければならないこともありました。
誤ってフィルムから出ている薬を妊婦が触ってしまうことで、成分が皮膚内に入ってしまう危険性もあったからです。

 

それに比べてザガローは形状がカプセルタイプですので、誤って飲みさえしなければ、妊婦が薬に触っても危険性があるということはなくなりました。
今までよりも安全になり、妊婦がいる家庭でも安心して保管することができるようになっています。

 

プロペシアは妊婦にとって、とても危険なものでしかありませんでしたが、ザガローが新しく新薬となったことにより、妊婦が危険を感じることが少ないと考えられます。
ザガローのカプセルを開けさえしなければ、通常の薬と同様に触っても問題ないような形状となりました。

ザガーロとプロペシアの違い

 

このようにプロペシアとザガローでは、大きな違いがあることが分かりました。
どちらで治療をしたら良いのかは医師が決めますので、病院やクリニックに行って治療を開始してみた方が良いでしょう。
ザガローは医師の処方の元でしか入手できませんので、個人輸入に頼らず医師の診断の元で薬を使うようにしましょう。