プロペシアの副作用 AGA治療薬プロペシアについて

プロペシアの副作用

プロペシアの副作用

AGAの治療法として使われているのは、ミノキシジルとプロペシアという薬です。
薄毛の治療法として使われている薬の中では、ミノキシジルとプロペシアが効果的だといわれているからです。
ミノキシジルには、副作用が確認されています。
しかしミノキシジルと同様で、プロペシアにも副作用が表れてしまうことがあるようです。

 

 

プロペシアで副作用が出てしまうことは稀にある?

AGA治療にも使われているプロペシアは、髪の毛を増やしたり、現状維持ができる薬と呼ばれています。
髪の毛の本数を多くするというよりも、抜け毛を減らして髪の毛が細くなったり、短くなったりすることを防ぐ効果があります。
また、プロペシアを使用することで、1本1本の髪の毛が太く長く成長していくようになり、薄毛が目立たなくなるという効果が期待できます。

 

薬というのはプロペシアに限らず、どんな薬でも副作用が出てしまう可能性はあるものです。
プロペシアを使用した時に出てしまう副作用には、具体的な症例として性欲の減退や勃起機能の低下が見られることもあります。

 

男性の機能というのはデリケートな部分でもあり、緊張や会社でのストレスなどのちょっとしたことでも勃たなくなることがあるようです。
プロペシアの薬を飲んでいることで、勃たなくなるのではないかという不安から、このような副作用が出てしまうことも考えられます。

 

しかし、副作用が出る確率はたったの数%程度だといわれていることから、開発段階では副作用についてはあまり心配をする必要はないといわれていました。

 

 

私はプロペシアを9ヶ月飲み続け、効果を十分にありました。
副作用は全く感じませんでしたが、個人差があるようです。
担当してくれた医師の話では、勃起不全は年齢によるものや不安や先入観など精神的なものあるとのことでした。


 

 

プロペシアを市販で販売した後に報告された副作用とは?

プロペシアは市販で薬が販売されるようになってから、副作用を訴える報告が次々と上がっています。
市販で販売されることで様々な体質の人が利用し、副作用が出てしまった人も多いようです。

 

報告では、副作用が出てしまった症状として発疹やそう痒症、じんま疹や顔、唇の腫れなどの過敏症、抑うつなどの副作用の症状が見られています。

 

この他にも射精障害や精巣痛、服用を止めても治らない勃起不全や男性不妊、精子減少などの副作用を感じるようですが、男性不妊や精子減少に関してはプロペシアの使用を中止したことで回復したそうです。

 

プロペシアの副作用

男性不妊や精子減少の副作用については、プロペシアとの因果関係が掴めておらず、何ともいえない状態となっています。
プロペシアが直接の原因で、精子が減少しているかどうかを検証する必要があるため、検証には時間がかかりそうです。

 

 

服用してはいけない時にプロペシアを使用し副作用が出ることも

プロペシアの薬というのは男性用に作られているため、女性が使用することで何らかの副作用が出てしまうことも考えられます。
また、プロペシアは過敏症の疑いがある場合や、肝機能障害を引き起こしている場合は使用を控えた方が良いでしょう。

 

プロペシアだけではなく薬というものは肝臓で代謝され、もともと肝機能障害を持っている場合はプロペシアの薬を飲むことにより、症状が悪化してしまうこともありますので注意が必要です。

 

プロペシアの副作用

プロぺシアの薬は国内でも十数万人の人が飲んでいるといわれていますが、その中でも副作用の症状が重篤して出てしまう人が十数例あるようです。

もちろん、家庭内に妊娠している人や子供がいる場合は、誤って飲んでしまわないように通常の薬箱ではなく、別の場所や手の届きにくい場所に保管するようにしましょう。

 

 

もしも副作用が出しまった時の対処法とは?

プロペシアを使用したことで副作用が出てしまう確率は、とても低いといわれています。
その状態であっても、上記に記入したような副作用が見られる場合は、適切な対処法を取ることが必要になります。

 

副作用かなと身体に異変を感じたら、プロペシアの薬の使用を中止して、すぐに病院で診察を受けるようにしましょう。

 

副作用で頭痛の症状を感じる人の中には、ごく少数の割合できつい痛みが現れることがあります。
このため経過観察を行っていけば、頭痛の痛みが徐々に改善されていくと考えられます。

 

頭皮の血管を収縮させてしまう男性ホルモンの働きを抑えることで頭皮に血流が戻り、頭痛を引き起こしている可能性があります。
頭痛を感じた場合も、薬の使用を中止し体調が良くなってから再び使用するようにしましょう。

 

プロペシアの薬は処方箋以外で、個人輸入で入手することも可能となっています。
薄毛で悩んでいる人の中には、個人輸入の方が安いということで入手している人もいます。
しかし、個人輸入の場合は安全とはいえませんので、プロペシアの薬で薄毛を改善したいと考えている場合は、AGA専門の病院で処方してもらうようにしましょう。

 

プロペシアの副作用

医者に処方をしてもらうことで1日1粒などと適切な量の薬を摂取できるため、1日に5粒などと過剰に摂取することもなくなります。

1日に5粒摂取してしまう人は、効果を感じられないからという理由で摂取量が増えています。
摂取し始めても、時間が経たなければ効果を実感することは難しいので、より安全に育毛効果を期待できるように病院で処方してもらうことが大切です。