育毛メソセラピーとは AGA・薄毛治療 病院ランキング

育毛メソセラピーとは

育毛メソセラピー

 

AGA治療で最近よく聞かれる治療法に「メソセラピー」があります。
もとは美容整形で生まれた技術で、注射などで幹部に薬剤を注入し、部分痩せや皺取りの効果を狙ったものです。
高額ですが速攻性があり、現在でも美容整形ではよく使われています。

 

AGA治療にもメソセラピーが有効で、多くの専門病院ではメソセラピーを行います。
病院によっては針を使わない無痛のメソセラピーもあり、注入する液も病院ごとに個性があります。

 

 

 

メソセラピーは、患部に直接作用する

 

現在、AGA治療の主流は服薬治療です。
プロペシアやミノキシジルなどのAGA薬にはAGAの原因である男性ホルモンの生成を阻害し、育毛を促進する作用があります。

 

しかし、服薬で効果が現れるのには時間がかかり、重度のAGAだと時間がかかります。これは胃腸で吸収され、肝臓で代謝、さらに血流に乗って全身に巡り、そのごく一部が毛根へ…と、複雑なルートを辿るため。

 

服薬はただ薬を飲むだけで手軽ですが、患部まで届くのに時間がかかるという弱点があります。しかも作用は血流に乗って全身に及ぶため、効率があまり良くないという点も。
メソセラピーなら直接患部に浸透させるので、効能をダイレクトに毛根に送ることができます。

 

男性ホルモンに攻撃され続け、弱った毛根が元気を取り戻すのも、長い時間が必要です。
その結果、長期間の通院になり時間も手間も(なにより費用も)かかります。出来れば短時間に結果を出したいものですね。
そんな要望に応える可能性があるのが、メソテラピーです。

 

育毛メソセラピー

メソセラピーは患部(頭皮)に直接薬品を入れるので、弱った毛根を速やかに守り、育毛を促進します。
例えると、何ヶ月も兵糧責めにされた城に大援軍が到着するようなもの。飢えて弱った人々に救援物資を送り、元気を取り戻すことができます。
さらに、兵が加わることで攻撃力を回復させ、守り一辺倒から一気に攻め出すことも。
そのため、メソセラピーは「短期間で回復させたい」「長い間治療できない」方向けの治療になります。

 

 

 

注射針を使わないメソセラピーも

 

育毛メソセラピー

このメソテラピーですが、もともとは注射で患部に直接薬剤を注入する治療です。AGA専門病院でも、注射で注入する病院もあります。
しかし、頭皮に直接針を刺すのに恐怖を感じない方はいないでしょう。刺すだけでなく薬剤を注入するので、なかなかの荒療治です。
事前に鎮痛剤を使うので痛みはあまり心配ありませんが、心理的に不安になるものです。

 

そんな方のために、「針を使わず薬剤を注入するメソテラピー」が開発されました。
レーザーや超音波などで薬剤を浸透させる技術が確立し、深さ7〜10mm程度なら薬効成分の80〜90%を浸透させることが可能です。
(病院により効果の範囲や浸透度は異なります)

 

チクチクする程度の刺激はありますが、ひどい痛みはありません。針を使わないので手軽に受けられるのが最大のメリットです。

 

 

 

どんな成分を注入するの?

 

育毛セラピーで注入する薬剤は、基本的には飲み薬と同じでフィナステリドとミノキシジル。成長因子やビタミンなどを同時に注入することもあります。
なんだ、それなら塗り薬があるじゃないか、そう思う方もいるでしょう。しかし、「塗り薬」と「メソテラピー」は作用の仕方が異なります。

 

皮膚は柔らかいので薬も通りやすいと思いがちです。塗り薬はたくさんあるし、シャンプーの悪い成分が皮膚から浸透するなどという説もあります。(経皮毒)
しかし、皮膚は意外とガードが堅い器官です。

 

皮膚は体の組織の中でもっとも多くの外的に晒される場所。
常に細菌やウイルス、暑さ寒さの気温変化に晒され、湿度の影響を真っ先に受けます。

 

そのため皮膚には様々な防衛システムが備わり、通常なら細菌やウイルスの増殖を許しません。もちろん薬剤もなかなか浸透しません。
これは体を守るためには必要ですが、塗り薬にとっては困った点です。そのため、塗り薬は「いかに皮膚の防御網を突破するか」という点も重要視されます。

 

しかし、どれだけ浸透しやすく改良しても、皮膚から100%吸収するのは不可能です。
塗り薬は速攻性があるように見えますが、内服薬と同様にあまり効率の良い薬ではありません。

育毛メソセラピー

 

それに比べ、メソテラピーは直接薬剤を注入するので、浸透率は極めて高い治療法です。
少量の薬でも効果を発揮し、しかもダイレクトに最も弱い部分から治療できます。
かなり高額になりますが、重症の方は検討しても良い治療法ではないでしょうか。

 

 

 

納得した上での治療を

 

育毛メソテラピーの、ほぼ唯一の欠点は高額なこと。
定期的に通院する必要があるのも痛いところです。

 

長期間の海外出張などが多く、通う時間が工面できない方には難しいかもしれません。

 

しかし病院や症状にもよりますが、詰めて通わないといけないのは初めの1〜2ヶ月ほど。その間は、2週間に一度ほどメソテラピーを行います。
その後は2〜3ヶ月に一度ほどになる病院が多いようです。

 

価格は1回で15,000〜70,000円ほどと、病院によって大きく異なります。
しかし病院独自の技術や配合などもあるので、価格よりもむしろ「高い効果が実感しやすい病院」で治療するほうが良いでしょう。

 

効果が出ればごく短期間で髪が復活し、フサフサを取り戻す効果も期待できます。
服薬だけなら数年かかるところを、育毛メソテラピーなら半年ほどに短縮できるケースも。
思い悩む暇があるなら、無料カウンセリングを受けてみましょう。