AGA治療で髪が生えるのか AGA・薄毛治療

AGA治療で髪が生えるのか

AGA治療で髪が生えるのか

 

AGAの治療は年齢にかかわらず、ミノキシジルやプロペシアを使用して薄毛の改善をはかっていく治療を行います。
ミノキシジルは薄毛になっている男性からの認知度が高くなっています。
しかし、プロペシアは別名フィナステリドとも言われていて、あまり薬の効果を知らないという人も多いのではないでしょうか?

 

 

 

薄毛の改善は抜け毛を止めることが先決

 

薄毛の治療で何よりも優先的に考えられることは、頭皮の改善をはかっていくことです。
頭皮の改善が何よりも先決な理由は、頭皮の血行や環境を整えてあげないと発毛も上手くいかないということです。

 

AGA治療で髪が生えるのか

例えば、土が悪いところに野菜やお米などを植えても、良い野菜や美味しいお米が作られないことと同じ原理です。
頭皮の血行が悪い状態では発毛を促進しても、元気な髪の毛や毛根が太くならないことが考えられるので、発毛効果があったとしても髪が再び抜けてしまうと考えられます。

 

ミノキシジルは医学的にも頭皮の改善をはかれる薬と認められていて、血管を拡張させて髪の栄養分を毛根に行き届くように働きかけてくれます。
頭皮環境をよくするという面にもっとも効果が認められていて、薄毛のAGA治療には必ず服用する薬となっています。

 

 

 

次に発毛促進で元気な髪の毛を生えさせる

ミノキシジルで頭皮の改善や環境を整えることが出来たら、次はプロペシアを使用して発毛を促進していきます。
プロペシアは5α還元酵素によってテストステロンに変換され、DHTを生成できなくなってしまいます。
さらにこれが男性ホルモン受容体と結合することで、薄毛に対して効果を発揮してくれるようになります。

 

AGA治療で髪が生えるのか

プロペシアを飲み始めると皮脂の分泌が少なくなることで、抜け毛の改善が出来ると言われています。
プロペシアには発毛促進効果があるといわれていますが、飲み始めたからといってすぐに効果が出てくるというものでもありません。
長期的に飲み続けていくことで徐々に効果が発揮されていきます。

 

 

 

ミノキシジルとプロペシアの気になる副作用とは?

 

ミノキシジルとプロペシアには副作用があり、薬を長期的に服用することで副作用が出てしまう心配も考えられます。
もともとミノキシジルの薬は、血圧をコントロールする薬として開発され、薄毛にも効果があるとして利用されているものです。

動悸や息切れ、頭痛や低血圧、しびれや頭皮のかゆみ、肝機能障害などが起こると言われています。

 

一方プロペシアの副作用には頭痛や腹痛、下痢や眠気などが起こると言われています。

 

AGA治療で髪が生えるのか

ミノキシジルとプロペシアはこのように危険度が高い薬であるため、病院で医師の処方によるものでないと薬をもらうことは出来ません。
病院で処方される場合は医師の診断の元で適切な量を服用していくため、安全に薄毛の治療が出来ます。

 

 

 

ミノキシジルを服用した時の発毛に関する期待度はどのくらい?

 

ミノキシジルはドラッグストアなどで販売されている育毛剤よりも、高い効果を期待できる薬となっています。
その発毛効果の高さから期待度はとても高く、臨床データでは年数が上がっていくたびに効果が上がっていくことも分かっています。

 

AGA治療で髪が生えるのか

ミノキシジルを服用し始めてから1年程度では、薄毛が改善した髪が増えたと感じている人は58%にとどまっています。
しかし、服用期間が3年にもなると一気に薄毛が改善したと感じている人が増え、約78%の男性が髪が増えたと感じています。

 

この結果は、ミノキシジルを使用して頭皮を改善したことにより、頭皮の薄毛や髪の毛の量が改善できたのではないかと考えられています。

 

 

 

発毛に効果がないケースもある?

 

ミノキシジルを利用しても10人に6人の男性が効果を感じているようですが、他に人はあまり光を感じられないという人もいるようです。
ミノキシジルを服用し始めたからといって、服用した人全員に効果が出るという訳ではありません。

 

薬が効かない体質をしている人、遺伝が原因で薄毛になってしまった人の場合は、ミノキシジルが効かないことも多いです。
もちろん薬によってはミノキシジルが1%しか配合されていないものだったり、5%配合されているものもあります。

 

たかが1%と5%の薬の濃度であっても、当然5%のミノキシジルが配合されている方が効果を発揮しやすくなります。
5%のミノキシジルを服用した場合の効果は、93%の男性に改善が見られたというデータもあります。
しかし、5%のミノキシジルを服用する場合は、副作用が発生してしまう可能性も5倍になってしまいます。

 

 

ミノキシジルはとても危険は薬であるため、濃度は医師に判断をしてもらった方がいいでしょう。
医師は頭皮の状態や体調の具合などを考えながら、患者さんに対して適切な薬の処方を行ってくれるので、安心して薄毛の治療が出来るようになると考えられます。

 

AGA治療で髪が生えるのか

個人輸入ではミノキシジルを手に入れることも出来ますが、薬に対して素人でもある患者さんは強い副作用が出てしまうこともあるのでむやみに自分で入手しないようにしましょう。
ミノキシジルを服用して薄毛の改善をはかりたい場合は、必ず医師に診断をしてもらった上でミノキシジルを処方してもらうようにしましょう。