20代 AGA治療・若ハゲ治療

20代からのAGA治療 若ハゲ治療

20代からのAGA治療

20代の若い年齢の男性であっても、薄毛に悩んでいる人も多いと思います。
薄毛というのは前髪の生え際や頭頂部から薄くなってしまうことも多く、若いうちに薄毛になってしまう場合は老けて見えてしまうこともあります。

 

最近になって抜け毛が酷い、徐々にではあるが薄毛が進行してきている場合は、早めに改善させる方がいいと思います。

 

 

 

薄毛は年齢を重ねてなるものではない?

 

20代のような若さの男性でも、実は薄毛に悩んでいる人はとても多いです。
薄毛を改善させたいという思いはあっても、どこから手を付けたらいいのか、改善する方法で効果的なものがあるのかなどの不安を感じてしまいます。

 

20代からのAGA治療

一般的に薄毛といえば大体、年配の中年男性に起きやすいと考えられていますが、最近ではこのように若い男性でも薄毛に悩む人が多くなっています。
年齢を重ねていくとどうしても毛根が老化してしまい、髪のサイクルにおける成長期が短くなってしまうことで薄毛になってしまいます。
髪が細くなって毛根が弱っていくことで、髪が抜けやすくなってしまい薄毛の症状が表れてくるようになります。

若いから髪が抜けても生えてくるだろう、大丈夫だろうなどと考えていると薄毛が深刻な問題になってしまうこともあります。

 

 

 

20代の若さで薄毛になってしまう原因は?

 

20代の若さで薄毛になってしまうのは、男性ホルモンの増加や生活習慣の乱れ、血行の悪さや睡眠不足、頭皮の炎症などが薄毛の原因となってしまいます。

 

男性ホルモンの影響

20代からのAGA治療

男性ホルモンは別名テストステロンとも言われていて、頭皮で5α-リダクターゼという酵素と結び付いてしまう傾向があります。
頭皮で5α-リダクターゼという酵素と結び付いてしまうと、抜け毛の素になるジヒドロテストステロンという物質を生み出してしまいます。
ジヒドロテストステロンは成長期の髪であっても、後退期に向かわせてしまう原因となってしまうため髪が抜けてしまい薄毛に繋がっていきます。

 

 

生活習慣の影響

20代からのAGA治療

生活習慣の乱れでは食事が偏っていたり、男性ホルモンを増加させてしまう肉類ばかりを主に食べていると薄毛の原因になってしまいます。
食事のバランスが偏っていることで、髪の毛に必要な栄養が摂取できなくなり毛根が栄養不足となって、髪が細く弱っていってしまいます。
血行が悪いことでバランスのいい食事を取っていても、毛根に栄養がいきにくくなっていることで髪が痩せてしまうこともあります。

 

 

睡眠不足や頭皮の炎症による影響

20代からのAGA治療

髪の毛が成長をする深夜に適切な睡眠が取れていない場合は、髪が十分に成長できなくなり髪が細く弱くなって抜け毛が増えてしまうと考えられます。
また、頭皮が炎症を起こしていることで、毛根に必要以上にダメージを与えてしまい、髪が抜けてしまうこともあります。
頭皮が炎症を起こしてしまうのは、シャンプーが頭皮に合っていなかったり、洗いすぎ、すすぎ残しなどが原因になってしまうと言われています。

 

 

 

薄毛は遺伝でなってしまうこともある?

 

あなたの身内で薄毛になっている人はいませんか?
薄毛というのは遺伝的可能性が高く、自分の身内に薄毛になっている人がいるのであれば、それは遺伝的な可能性も捨てきれなくなってしまいます。

 

遺伝の可能性が高い場合は、もともと薄毛になりやすい体質であると考えられるため、食生活などがきっかけとなってしまい薄毛が始まってしまうこともあります。

 

身内に薄毛になっている人の場合は、通常の人よりも薄毛になってしまうことが考えられるため、薄毛になってしまう原因を取り除いていく必要があると考えられます。

 

 

 

髪の毛が薄毛になっている場合は恋愛にも積極的になれない!

 

20代からのAGA治療

恋愛をするにあたって髪の毛が薄毛になってしまっていると、どうしても恋愛に積極的なれないと思っている人も多いと思います。

 

積極的になれないと思っている人は、自分の薄毛のことを悲観的に考えているだけなのではないでしょうか?

 

薄毛になっていることで、自分を好きだといってくれるはずがないなどと決めつけて、自信を無くしてしまっていませんか?

薄毛は恋愛に対しても仕事に対しても積極的になれなくなってしまうことがあるので、出来るだけ薄毛が酷くなってきたと感じたときや早い時期に改善を行った方がいいでしょう。

 

 

 

AGA対策を早めに取ることで若いうちは効果が出るのも早い

 

20代からのAGA治療

20代はまだ恋愛やルックスを気にする時期なので、AGA対策をするのであれば早い方がいいでしょう。
AGAは早く対策を取らないと、どんどん髪の毛が抜けていってしまいます。
早期に対策を行うことで薄毛の進行状態を抑制し、発毛を促していくことで薄毛対策が出来るようになります。

 

比較的20代というのはAGA治療が効果的に効くので、薄毛が酷くなっていない場合は短期間で改善していくと考えられます。

早めに抜け毛を抑えられるようになれば、広範囲にわたって治療を行う必要がないので、理療を行う期間も少なくてすむようになります。
20代はまだまだ見た目を気にする年代なので、早期発見や早期治療を行っていくことが大切だと考えられます。