AGA治療薬|個人輸入とAGA病院での処方の違い

個人輸入とAGA病院での処方の違い

個人輸入とAGA病院での処方の違い

 

薄毛で悩みを抱えている場合、医療機関に相談をするか、それとも個人輸入でAGA治療薬を購入するか・・・迷ってしまいます。医療機関、個人輸入どちらにもメリットとデメリットが存在します。
より安心して、薄毛対策ができる方法はどちらなのか比較しましょう。

 

 

 

AGA治療薬を個人輸入するメリット

 

医師の処方箋がないと、手に入れることができない薬のことを発毛医薬品を言います。
これらは、勝手に購入することはできない薬品なのですが、1つだけ処方箋なしで手にれられる方法があります。
それが個人輸入です。

 

個人輸入は、業者へ注文をすると代行となっている業者が一括で注文します。
海外のメーカーは、注文を受け、個人へ発送をする。
料金については、また代行業者が海外メーカーへまとめて支払いをするという仕組みになっています。

 

個人輸入で注意する点は、商品の発送は代行業者ではなく海外メーカーが行います。
ここをきちんと守らないと、違法行為となってしまいますので、購入する際の配送方法をきちんと確認しましょう。

 

さて、個人輸入で商品を買うことでどんないいことがあるのでしょうか。
一番のメリットは、同じ成分の商品を低価格で購入できる点です。
特にAGA治療で使う薬品は、保険適用外ですので全額自己負担となります。
その為、多くの人が「少しでも安く抑えたい」と思い、個人輸入へと走ってしまうのです。

 

個人輸入とAGA病院での処方の違い

それに、個人輸入で薬を手に入れることで定期的に通う必要がありません。
時間がない人や通院をするのが面倒と感じている人は、個人輸入を利用することで、手間はもちろんのこと購入費用を抑えられるので、一石二鳥となります。
ただ、安く、医師の処方、診断が必要ないということは、それなりのリスクがあるということですので、注意しながら利用するようにしましょう。

 

 

 

AGA治療薬を個人輸入をするデメリット

 

経済的な負担を軽減することができる個人輸入ですが、デメリットも存在するので注意しましょう。
最も、重要となってくるデメリットは、副作用が発生するということです。

 

個人輸入とAGA病院での処方の違い

この副作用が軽いものであれば、特に問題にはなりませんが、アレルギー症状が起こってしまうということもあります。
アレルギーは、重度になるとアナフィラキシーショックになることもあります。
アレルギーを持っている方で、個人輸入を検討している場合には特に気を付けましょう。

 

 

 

AGA治療薬を医療機関で処方してもらうメリット

 

AGA治療院で治療薬を処方してもらうことができるメリットは、やはり科学的に効果を得られる点です。
プロペシアに関しては、厚生労働省でも認められているので安心感があります。
更に、この治療薬を利用することで、AGA自体の進行を遅くすることが可能となります。

 

個人輸入とAGA病院での処方の違い

AGA治療薬には様々な種類がありますが、特に頭皮に塗るタイプは独特な臭いがします。これを利用していると、臭いでAGA治療をしていると周りの人に知られてしまいます。
しかし、内服タイプのプロペシアの場合は飲み薬なので、臭いが発生しないので安心できます。
しかも、服用をするのが一日に一回なので、手間や時間をかけずに薄毛治療を行うことができます。

 

医療機関での場合、治療方法がたくさんあるので一人ひとりに合わせた治療ができたり、定期的に症状を診察してくれるので、今後の対策をしっかりとりながら治療をしていくことができます。

 

 

 

AGA治療薬を医療機関で処方をするデメリット

 

AGA治療で利用する薬を利用することで、副作用へのデメリットがあります。
起こりうることとしては、性欲の減退、肝機能の障害などが代表となります。
これらの副作用が発生した時には、すぐに医師に相談しましょう。

 

個人輸入とAGA病院での処方の違い

そして、最大のデメリットが保険適用外ということです。
AGA治療は、命に関わる病気でない為自由診療となります。
診察を受ける度に、自己負担ですのでかなりの負担になります。
薄毛を改善するまで、ずっと通い続けるとなると経済的にも苦しくなってしまう可能性もあります。

 

ただ、AGA治療をしているクリニックはどこも料金設定が異なっています。
少しでも1回の治療が安く抑えられるような治療院を探すようにしましょう。

 

AGA治療の場合、すぐに効果が得られるわけではありませんので、より慎重にそして効果が出やすい実績のある治療院がおすすめです。

 

 

 

個人輸入と医療機関どっちがいいの?

 

AGA治療をするにあたり、個人輸入それとも医療機関・・・どちらがいいのか、全く見当がつかないという方もいるでしょう。

 

個人輸入とAGA病院での処方の違い

より安全で安心した治療を受けたいという場合にはやはり専門的な知識のある医療機関での治療がおすすめです。
医療機関の場合は、副作用、AGAで分からないことなど全てを教えてくれます。
費用はある程度かかってしまいますが、個人輸入で手に入れる治療薬よりも信頼できます。

 

個人輸入で治療薬を購入し、後悔しない為に、まずは医療機関に相談をして適切な治療方法を見つけることを第一優先に考えましょう。