自毛植毛とAGA治療の比較

自毛植毛とAGA治療の比較

自毛植毛とAGA治療の比較

 

薄毛を克服する方法としてAGA治療のほかに自毛植毛があります。
それぞれ特徴があり、メリットデメリットもあるので、自分に合った方法を選択するのが一番です。
ではAGA治療と自毛植毛にどんな違いがあるのか、比較してまとめてみます。

 

 

自毛植毛とは

自毛植毛とは、自身の頭髪を毛根ごと採取し、薄くなっている部分に移植する薄毛治療の一種です。
男性の薄毛の原因は男性ホルモンのテストステロンが5a還元酵素という酵素によってジヒロテストステロンという物質へと変換されることにあります。

 

このジヒロテストステロンが毛根を包む袋のような存在である毛嚢を壊してしまうことで髪が抜けやすくなり、薄くなるというメカニズムが一般的な薄毛の原因であるとされています。
ジヒロテストステロンの影響を受けやすいのが前頭部なことから、男性は頭頂部の薄毛が多くなっているのです。

 

自毛植毛とAGA治療の比較

自毛植毛はジヒロテストステロンによる影響の受けにくい後頭部や側頭部の毛髪が多く残っている部分から毛根ごと毛髪を採取し、薄くなっている部位へと移植することになります。

 

 

 

AGA治療とは

男性の薄毛の中でAGAと呼ばれる男性型脱毛症があります。
これは全ての薄毛の人がAGAに当てはまるというわけではなく、思春期以降の比較的年齢の若い男性が男性ホルモンや遺伝によって額の生え際や頭頂部、またはどちらも同時に薄毛になっていくということを指します。

 

このAGAの治療として最もポピュラーなのがカウンセリングによる投薬治療です。
プロペシアによる薄毛の進行止めとミノキシジルによる細胞の活性化、カウンセリングでの生活習慣の改善を行うことで頭皮が発毛できる環境を作っていくというものになります。

AGAの専門家による診断を受けた上での治療になるので、一人一人の症状に合わせて治療法が異なるというのが特徴の一つにあります。

 

 

自毛植毛のメリット・デメリット

 

メリット

自毛植毛とAGA治療の比較

自毛を移植するということからカツラ等とは違い、しっかりと生きた髪を実感することが出来ます。

毛根ごと移植するため、本来抜けてしまっていた部分から自然と髪が生えてくるようになり通常の発毛サイクルが発生します。
また、元々ジヒロテストステロンの影響を受けにくい部位からの移植であることから、再度抜けやすくなるということが少ないというところがメリットと言われます。

 

デメリット

自毛植毛とAGA治療の比較

自毛植毛のデメリットは、まず手術を行う医師次第で結果が異なるという点が挙げられます。

せっかく自毛植毛しても、きちんと毛根ごと採取出来ていなければ髪の成長はありませんし、そればかりか正常な側頭部や後頭部の髪は無駄になってしまうのです。

 

更に、採取するためには一定量の毛髪が必要となるのため、採集元の毛髪が少ないと植毛することが出来ませんし、少なからず採取した部位には傷跡が残ってしまいます。
一時的ではありますが、術後のしびれや腫れなどの副作用が出る可能性もあり、日常生活を送る上で少し不便だと感じる方も少なくはありません。

 

また、自毛植毛を行うと一旦植毛した毛髪は抜け落ちることになります。
これは新たな成長サイクルを作るために必要なことですが、このために生え揃うまで時間がかかるというのもデメリットと言えるでしょう。

 

ちなみに自毛植毛で一度に植毛出来る本数は決まっているため、何度かに分けて手術を行う必要があります。

現在日本では1本の自毛植毛につき500〜1000円ほどかかるため、コスト的にはあまり良いとは言えません。

 

 ⇒植毛シェアNo.1のアイランドタワークリニックさん

 

 

 

AGA治療のメリット・デメリット

 

メリット

自毛植毛とAGA治療の比較

個人でのカウンセリングの上で治療法を変えるため一人一人の薄毛に合った方法を提案してもらうことができます。

また、発毛サイクルによって受診するため、だいたい月に一度の受診で済むことから休みの取りにくい方でも通いやすいという点が挙げられます。

 

自毛植毛の外科手術のようなことは不要で、傷や痛みなどを感じることがないというのも良いのではないでしょうか。

 

更に、高い効果が期待され、大多数の方がおよそ半年ほどで効果があったと実感し、3年以内でAGAが改善されたというデータが多くあります。

 

AGA治療で使われる薬は処方箋医薬品として国内で認可されているため、安心して使用することが出来ます。

 

 

デメリット

自毛植毛とAGA治療の比較

保険が適用されないため、全て実費負担となります。

おおよそ受診料や検査料などを合わせて月に1〜2万円ほどが必要になります。

 

投薬治療の場合には、少なからず副作用の出る可能性もあり、肝機能の低下している方や子作り中の方には診断によって処方出来ないということもあります。

 

 

 

自毛植毛とAGA治療はどちらが良い?

自毛植毛とAGA治療の比較

AGA治療にも保険が適応されないなどのデメリットはありますが、自毛植毛は月々の治療薬代の何十倍もの施術費用がかかります。

とすると、身体を傷つけることなく治療できる点や月に一度の受診の他は自宅での投薬が主な治療ということから時間的な拘束はAGA治療の方が少なくて済むということになります。

 

AGA治療薬に副作用のリスクがありますが、しっかりとしたAGA専門病院を受診することで、万が一のリスクに備えることができます。