AGA治療の種類(飲み薬、塗り薬、メソセラピー)

AGA治療の種類

AGA治療の種類

AGAとは、男性型脱毛症で、主に老年期前の20代から30代の成人男性がなる症状で、頭頂部や、こめかみなどの部分から徐々に髪の毛が後退していくようになってきたり、シャンプーなどの時に抜け毛が増えてきたりします。
この症状を治らないからと諦めて、放置してしまうと、徐々に進行していき、若くして髪の毛が薄くなってしまいます。

 

これは遺伝ではなく、男性ホルモンが原因です。
男性ホルモンのテストステロンが、頭部に多く存在している5αリダクターゼと結びついて、ジヒドロテストステロンが生成されてしまうと、髪の毛の根元にある毛乳頭細胞の細胞と結びつくことで、毛母細胞の働きを抑えてしまい、ケアサイクルの乱れを引き起こし、髪の毛を成長させる成長期を飛ばしてしまうことで、髪の毛が健康に育たなくなってしまい、どんどんと抜けてしまう状態を作りあげてしまいます。

 

AGA治療の種類

 

これを防ぐには、薬を使って5αリダクターゼの生成を阻止する必要があります。
AGA治療薬やAGA治療を受けるには医師の診察を受けるのが一番で、AGA治療を行っている病院で治療を行う必要があります。

 

 

AGA治療にはどんな治療法があるの?

AGAの治療には、飲み薬、塗り薬、メソセラピーなどの方法があります。
まず飲み薬ですが、一番ポピュラーな治療方法となっていて、プロペシアとミノキシジルが主に処方されます。

 

プロペシア

AGA治療の種類

プロペシアですが、錠剤タイプの育毛剤になっていて、育毛剤として使用される前は、前立腺肥大の治療薬として使用されていました。

プロペシアには、男性ホルモンの一種であるジヒドロステロンの抑制に効果的とされていて、これによってジヒドロステロンが発生されなくなるため、徐々に髪の毛に栄養が行き渡り、薄毛が改善されていくことになります。

 

プロペシアのメリットは、AGAの進行を食い止めるのに効果的であることで、その効果は立証されています。とされています。
デメリットは、保険が利かないので費用がかかってしまうこと、服用を中止することで、またAGAが進行してしまうことです。
費用は1錠250円程度で、1か月7,500円から10,000円くらいになります。

 

ミノキシジル

AGA治療の種類

ミノキシジルは育毛剤として使用される前は、血管拡張剤として使用されていました。

血行を良くすることで、髪が作られる毛母細胞に直接栄養が届き、働きかけてることで、細胞が活発となり、発毛を促進する作用があります。

 

ミノキシジルのメリットは、科学的な研究でAGAへの有効性があったり、プロペシアなどと一緒に使用することができ、効果も実感しやすくなっています。
デメリットは、摂取しすぎると低血圧などの健康被害が出たり、持病の有無によって服用制限されたり、費用がかかってしまうことです。
費用は、3,000円から5,000円ですが、錠剤の配合量によって、費用がかかってくる場合もあります。

 

 

塗り薬のAGA治療薬

AGA治療に使われている塗り薬は、主にミノキシジルと、スピロノラクトンが主流になっています。
これらはクリームタイプになっているので、液だれがしにくく、塗りたい箇所にだけ塗ることが出来て、その場で浸透してくれるので効果的に使用することができます。

 

ミノキシジル

AGA治療の種類

ミノキシジルは、16%という高濃度で配合されているので、5年以上抜け毛に悩まされている方でも安心して使用することができます。

メリットは、高濃度のミノキシジル以外にも、多くの有効成分が配合されているので、効果を早く実感できる方もいます。
デメリットは、高濃度で配合されているがゆえに、かぶれを起こしたり、かゆみが気になるといった場合もあります。
かぶれてしまった場合は使用を中止して、受診しましょう。
一般的な価格は、5,000円から7,000円程度となります。

 

スピロノラクトンクリーム

AGA治療の種類

スピロノラクトンクリームは、ジヒドロステロンから毛乳頭の中への侵入を防ぐことによって、髪の毛を抜けにくくする作用があります。

メリットは、直接塗って使用することで、効果的な作用があることです。
デメリットは、頭皮から浸透することで、肝機能障害が引き起こされたり、体調不良になる場合があります。
一般的な価格は3,500円から6,500円となっていますが、使い勝手がよく、長持ちします。

 

 

メソセラピーとは

メソセラピーとは、頭頂部などの薄毛部分に直接超音波で発毛や育毛に必要な成分を浸透させていく治療法で、短期間に発毛効果を実感することができるので、薄毛を改善させたいけど、植毛することに抵抗を感じている方には効果的な治療法となっています。

 

AGA治療では長期的な時間や、費用もかかってしまいますが、メソセラピーと薬の服用を併用することで、さらに発毛促進できるようになります。

 

メリットは、短期間で薄毛改善の効果が高く、発毛実感までが短時間なのであり、副作用も感じにくいことです。
デメリットは、施術費用が高額で、頭皮に直接注射をすることで、施術に痛みを感じることですが、現在は麻酔を行うので、軽減されています。
一般的な価格は、1回の料金が80,000円前後になっています。

 

 

効果・費用・リスクのバランスを考えてAGA治療をしましょう

以上のようにAGA治療といっても飲み薬・塗り薬・メソセラピーなど幾つかの治療法があります。
それぞれのメリットデメリットはもちろん、費用や副作用などのリスク、通院や施術の手間など自分に合ったAGA治療をしていきましょう。

 

ほとんどのAGA病院では無料カウンセリングを行っていて、一人一人の症状や希望・予算に合わせたAGA治療法を提案してくれるので、積極的に無料カウンセリングを利用しましょう。